Box Customer Award Japan 2022
Box Customer Award Japanは、Boxの活用によってビジネスで成果をあげた素晴らしいユースケースをユーザー同士で共有し合うオンラインイベントです。
今回で第3回を迎える本イベントは、ビジネス部門とテクニカル部門の2部門を設け、業種や企業規模を問わず、幅広く先進的な事例が登場します!
本イベントは、Box審査員と当日の視聴者のみなさまの投票で各部門の受賞者が決まる臨場感たっぷりのコンテスト型でお届けします。
明日から実践できる日頃のBox活用や業務改善のヒントが満載です。みなさまのご視聴を心よりお待ちしております!

Box Customer Award Japan 2022

10月20日 13:00より
生配信スタート

上記視聴申し込みページにアクセスできない場合、
大変お手数ですが事務局(customerawardjapan@box.com)までご連絡ください。

開催概要

名称 Box Customer Award Japan 2022
配信日時 2022年10月20日(木)13:00~16:40
会場 オンライン会場
主催 株式会社Box Japan
参加費 無料(事前登録制) 視聴申し込みはこちら
お問合せ Box Customer Award Japan事務局(customerawardjapan@box.com)

タイムテーブル

13:00 オープニング
13:10 ビジネス部門 事例セッション
14:30 ビジネス部門 投票
14:40 テクニカル部門 事例セッション
16:00 テクニカル部門 投票
16:10 審査・集計
16:20 結果発表
16:40 クロージング

事例セッション紹介・ビジネス部門

イオンディライト株式会社 常務執行役員 グループ財務経理本部長(CFO) 阿久津 哲也 氏
イオンディライト株式会社 常務執行役員 グループ財務経理本部長(CFO) 阿久津 哲也 氏

契約業務のDX化(契約のスピードアップ、印紙等のコスト削減、ガバナンス強化=契約書類の一元管理、ワークプレイスの自由化)

契約業務の電子化および署名済契約書類の保管にBoxを基盤とすることを提案、電子サイン(Box Sign)の実現だけでなくメタデータ活用による検索性の向上や契約書(雛形)のリーガルチェックやり取りなど、ライフサイクル全般での活用に向けてプロジェクト進行中。乗り越えてきた課題とその打開策についてもご紹介いたします。

株式会社イシクラ 本社管理部 開発課 課長 内田 駿輝 氏
株式会社イシクラ 本社管理部 開発課 課長 内田 駿輝 氏

Boxで思い出をアーカイブ
効率化だけじゃない!カスタマーの思いをデータに――

卒業アルバムメーカーであるイシクラは、これまでにも写真館様向け(BtoB)にファイルサーバーを利用してきました。「思い出」はBtoC的な側面の方が強いのに、断念せざるを得ない苦しい状況が続いていました。
しかし、Boxを導入して細かな権限設定とBox Relayによる自動フローを活用したことで、生徒・保護者様・先生とのデータのやり取りをも実現し、よりカスタマーとの関係が深い「思い出のアーカイブ」が実現できるようになりました。

TPR株式会社 システム開発室 小野 昌治 氏
TPR株式会社 システム開発室 小野 昌治 氏

Boxフル機能を活用して業務の効率化とペーパーレス化を実現
~導入から今日までの経験談~

多彩な機能を備えるBoxを正しくユーザーに習得してもらい、使いこなすことは大切です。1度の説明では習得できず、誤った操作をしたり諦めてしまうこともあると思います。
本セッションでは、導入から現在までに直面した課題の改善事例として「RPAを使用して共有リンクの監視・アラート通知」「Box Relay+Box Sign+タスクを使用したユーザーID棚卸のペーパーレス化」などご紹介します。

株式会社フライク 代表取締役 大瀧 龍 氏
株式会社フライク 代表取締役 大瀧 龍 氏

中堅・中小企業向けERPシステムの組み立て方
〜APIを駆使してBox&他SaaSツールを徹底利活用〜

本セッションでは創業4期目の企業が30ものITツールを使いこなしてわかった複数SaaSツールの組み立て方、そして中堅・中小企業が今取り組みたい統合業務システム(ERP)を弊社の事例を通してお伝えします。
特に全社員で利用することを前提としたBoxは進化を遂げ、APIを用いてSalesforceやfreee、HubSpotとの相互連携を実現しております。

事例セッション紹介・テクニカル部門

鹿島建設株式会社 土木管理本部 生産性推進部 ICT基盤グループ 課長 阿子島 学 氏
鹿島建設株式会社 土木管理本部 生産性推進部 ICT基盤グループ 課長 阿子島 学 氏

建設工事におけるBox環境整備の自動化
~工事現場での待ち時間と運用費用の大幅削減~

建設会社の一般的な特徴として、全国あらゆる場所であらゆる形態の工事現場が存在するため、個々の現場の実情に応じたBox環境の整備が重要となります。
弊社では、150を超えるBox利用現場の環境整備を申請書で受付けて、外部に作業を委託していましたが、利用現場の増加に伴う作業待ち等が課題でした。
そこで、これらをシステム化、自動化することで作業時間を短縮し、Boxの普及展開を実現しましたので、ご紹介します。

BIPROGY株式会社 情報システムサービス部 企画室 企画課 早川 良太 氏
BIPROGY株式会社 情報システムサービス部 企画室 企画課 東海 薫 氏
BIPROGY株式会社 情報システムサービス部 企画室 企画課 早川 良太 氏、東海 薫 氏

Box Platformによる課題解決と社内利用環境提供までの軌跡

契約書等の証跡文書は、その保存期間と閲覧権限の観点からBoxへの格納が望ましいとの判断に至り、他システムから出力した証跡文書のBox格納と権限付与をBox APIで自動化することになりました。
また、同時期に社内からBox APIの利用希望が出てきたため、情報システム部門として、社員がBox APIを利用できる環境を整備し、どのように申請や運用のルールを作成したのか、そのプロセスと具体的な社内利用事例を紹介します。

日立金属株式会社 情報システム本部企画部 主任 大越 久仁江 氏
日立金属株式会社 情報システム本部企画部 主任 大越 久仁江 氏

Boxを活用し、みんなで取り組む日立金属のDX

日立金属グループでは過去2回の当イベント、そして今年のBoxWorks Digital Tokyo 2022への登壇と、Box利活用の機運が高まってきております。
今年も社内公募でユーザー部門より寄せられた「ファイルサーバでだけで終わらせない!勝手に推進活動」の内容と、全社的な活動としてのBox Platformを使った機密情報管理運用やフォルダ管理ツール、そしてペーパレス化への取り組みについてご紹介いたします。

YKK AP株式会社 ロジスティクス部 井上 高尚 氏
YKK AP株式会社 ロジスティクス部 井上 高尚 氏

建材メーカーの物流DX推進
三者がWin-Win-Winの社外連携システムをBox Platformでお手軽ビルディング

日々の出荷を依頼する運送業者との間では、配車の手配、荷量情報などのやりとりにメール、電話、FAXなど様々なツールが用いられ、業務の煩雑化が課題となっていました。
解決に向けて、データの受渡し方法の一本化、標準化が望まれましたが、セキュリティ面の不安もあり長期化していました。
今回は企業間のコミュニケーションにBoxサービスを導入することで、セキュアに業務のスマート化を図った事例をご紹介いたします。

10月20日 13:00より
生配信スタート

1. 上記ボタンより視聴申し込み後、登録先のメールアドレスへ仮登録のメールが送られますので本登録へと進んでください。
2. 本登録が完了すると当日のログイン情報をご案内します。
3. 当日は本登録完了メールに記載の視聴URLより、シリアルコードを記入しご視聴ください。
  ※視聴ページは10月3日よりアクセスいただけます。